元気にしています
昨年の11月にタラが少し健康をくずし、それから2頭とも完全室内犬になってしまいました。
どこでもトイレ犬なので、ずっとオムツを当てています。年取りましたが元気でやっています。

d0092409_16243668.jpg


d0092409_16255151.jpg


寝てばかりいます。
[PR]
# by life_with_kemono | 2016-10-10 16:27 | わが家の犬
嬉しい便り
ほんとうにご無沙汰しています。

久々にとても嬉しい便りがあったのでお知らせします。

うちから里子に出したつぶ君の近況です。
うちを出た時点でもうかなりのお年と思いましたので、もういないんじゃないかな?と思いながら、その事を飼い主さんに伺うのも怖くてずっとそのままにしていました。
この春頃、メールアドレスを変えるのを機に新しいアドレスをお教えがてらメールしたのですが返事が無く、そのままになっていましたら、先日ひょっこりとお返事が来て、なんと、
つぶ君は健在 だというではありませんか!

もう嬉しいやら驚くやらで…

歯槽膿漏だけど心臓が悪いので麻酔をかけたりはせず、季節の変わり目には咳が出たりするそうですが、それなりに過ごしているそうです。
もともと大人しい子でしたが、今もそれなりに暮らしているそうです。

許可を得て頂いた写真を載せておきます。

d0092409_113009.jpg


d0092409_11304375.jpg


d0092409_11311842.jpg

[PR]
# by life_with_kemono | 2013-10-22 11:35 | つぶ と しじみ
今日の写真
今日(正確にはもう昨日)、二匹ともさっぱりとカットしてもらったので、写真を撮りました。
「お座り」させないとカツオが動き回って写真におさまりません。
d0092409_0332426.jpg


ここ二年くらい、家庭の事情で忙しくて犬たちの手入れを怠りがちです。
そのせいで欲求不満なのか、カツオは昨年から足先の毛を自分でむしるようになり、足の先が4本とも毛が短くなっています。

タラはかの有名な俊介くんのようにしたかったけど、トリマーさんが俊介くんを知らなくて、「テディベアみたいに、まるっと…」と言ったけど、こんな風に出来上がってきました。やっぱりタラのままです。
タラは長い毛のほうが似合っているような気がします。(でも手入れが面倒なのでやはりショートが良い)
これは今年二月の写真です。
d0092409_045173.jpg

そこらじゅうに敷き詰めたおしっこシートは気にしないでください。 (;^_^A
手前の黒いのはカツオです。カツオは近付いてきて撮れませんでした。
[PR]
# by life_with_kemono | 2013-04-05 00:53 | わが家の犬
(;^_^A
ものすごいご無沙汰で誰も見ていないと思うけど、ずっと気にしてはいたんです。
2匹とも元気でいます。
一番最近の写真をと思ったけどないので、昨年のを…

d0092409_12568.jpg


ここ二年、夜は私のベッドで寝ています。
もうべったりです。
犬もそうだけど、私ももうこの習慣をやめられそうもありません。 (;^_^A
[PR]
# by life_with_kemono | 2013-02-14 01:20 | わが家の犬
クーが亡くなりました
今日、クーが亡くなりました。

だんだんと食が細くなり、ここ3日くらいは水を飲むくらいしか出来ず、昨晩はその水さえほとんど飲まなかったので、今朝10時ごろには針の無い注射器でブドウ糖を溶かした湯を口に流し込みましたら飲んでくれて、少し安心したのですが、出かけて夕方5時ごろ帰って来たら亡くなっていました。

ここ1ヶ月くらいは、いつもいる駐車場に大きなケージを置いてその中で昼の間を過ごしていたのですが、外を見たかったのでしょうか、それとも誰かを探したのでしょうか、奥に敷いていたカイロの入った毛布には寝ず、入り口近くで寝た姿のまま死んでいました。まあ、寝た姿といっても最近のクーは立つ事、座る事はほとんど出来なくていつも寝た姿勢だったのですが…

出来る限りのことはしてやれたと思います。
検査して原因を調べたわけではありません。でも調べて原因が分かったところで、大げさな治療をすることも無かったと思います。もう、年も年でしたし、原因がなんであれ、症状を軽くしてやれて、少しでも元気に過ごせたらと、そればかりを思ってきました。

思いつくことは何でもしてみました。
この2週間ぐらいは固形物(缶詰やフード)もあまり食べず、ミルクだけでは体力が続かないと思うのでいろいろな食材をいろいろに調理して持っていって、食べなければ少しずつ口のところまで持っていってなだめすかして少し食べる…の繰り返しで、朝9時頃と深夜11時頃のお世話は1時間半くらいかかっていました。

お世話に悔いはないのですが、死ぬ時にそばにいてやれなかったのが残念でした。
クーは外が好きで、ケージに入れられるのは嫌なようでしたが、今朝はもう元気がなかったのかケージ内の毛布の上に寝かせてもぐずる事もなくじっと寝ていました。あの時、本当は何か私に望む事があったのでは…と思うと、可哀想でなりません。

人も動物も死ぬ時は同じ様だなあといつも思います。
人間は最新医療を施され出来る限りの延命治療を受け、犬は大した治療も受けずそれなりの看護を受けて死んで行く…
でも、どんなに手厚い看護を受けても死んでゆく時は同じように死ぬんです。死ぬのがちょっと早まるか遅くなるかの違いだけです。
クーの場合も、自分で食べれなくなったらもうそれがこの子の寿命だと思っていました。点滴なども一時しのぎに過ぎませんからする気はありませんでした。
天に召される時は、いさぎよく召されれば良いと思っていました。
ただ、私の看護の落ち度で死なせることがないようにと、それだけは考えました。

クーの一生はあまり幸福ではなかったけど、最後の数ヶ月はは毎日散歩にも行けたし、悪い事ばかりではなかったと思いたいです。
人間でも誰にも看取られずにひっそりと死ぬ人もいる中、少なくとも私や気にかけてくれた近所の人がいたクーはまあまあ、中の上の死に方かなぁ…
[PR]
# by life_with_kemono | 2010-10-12 23:29 | 近所のクーちゃん